短眠 能力開発の方法のひとつとして短眠が現在、注目を集めています。短眠というものは、普段はしっかりと睡眠時間を取って、熟睡をすればいう人が多いようですが、ビジネスや勉強で能力を最大限発揮させる為には、短い睡眠時間でも熟睡したと言う満足感を感じさせると言う方法になります。大体一般的に8時間睡眠くらいがいいと言われているのですが、短眠では、それ以下の睡眠時間でも、熟睡を感じる事ができるようになります。 脳は働いて夢をみているレム睡眠と脳も休んでいるノンレム睡眠といった時間が、私たちの睡眠時間にはあるのですが、熟睡する為には、ノンレム睡眠が大切出されています。 ですから、ノンレム睡眠の時間を増やす事ができてれば、短眠であっても、十分睡眠したと感じることができ、効率の良い睡眠をとる事ができるようになるということなんです。 では短眠のためにはどうすればいいのでしょうか。短眠の為には食事習慣の見直しと運動が大切とされています。食事をするタイミングは、寝る時間と関連させなければいけませんし、運動して疲れにくい体を作る事も大切なんです。 短眠すれば、今までよりも一時間2時間人によっては3時間ほど睡眠時間を減らす事が出来ます。睡眠時間が減少しも、体力的にも問題がなく、頭も冴えている状態だったら、残ったものは時間が余分に作れたことになりますね。この増えた時間を利用し、ご自身のやりたかった事をやれるようになるため、いろいろと役に立つと言えるでしょうー